カマキリに会いたい

年が明けても暫くなんとなーく暖かかったですけど、やっと本格的に寒くなって来た気がしますね。

この寒さと言うのもカマキリにとっては恐らく必要な寒さなんだと思います。

カマキリに、と言うよりもこの時期は卵嚢にとって、と言うのが正しいでしょうか。

我が家の卵嚢は相変わらず冷蔵庫の中です。

野菜室から冷蔵庫に移動をしましたがたまに霧吹きをする程度でほとんどほったらかし。

ただ食材を取り出す度に卵嚢とこんにちは出来るのはとても嬉しいし楽しい。前の家でなら家族の反対があって出来なかった。この暮らし最高w

それにしてもずーっと冷蔵庫って言うのも温度にメリハリがないですよね。一定に保たれているのは良い様な悪い様なです。決して温度が上がる事はないので孵化事故はないと思うのですが、メリハリ…これは自然界でもある事なのでメリハリが欲しいですよ温度に。

当初野菜室→冷蔵庫→冷凍庫と移動をさせようと思って居たりしたのですがどうしても冷凍をすると言うのに抵抗が…。

北陸の寒さなどを考えればそれも妥当だし必要かもしれないですが私の地域はそもそも北陸ではないw

と思うとどうだろう…ちょっと過剰に冷やしすぎでは?

必ずしも冷凍状態。マイナスの温度が必要なわけでもないのではないかと思ってしまいます。

と言うか自然界ではあくまで徐々にの温度変化だと思うんです。

冷蔵庫→冷凍庫の流れは急すぎる。

って事で考えたのですが保冷剤をちょっと添えて~とかでメリハリをつけようかなと思って居ます。

明日実践してみたいと思います。

あんまり寒すぎるのもカマキリの卵嚢にとって良いのか悪いのか分からないですが自然下を常に意識した飼育にはしたいと思って居るので今後も工夫を凝らしていきたいですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。