外カマをお迎え

卵嚢が孵化をしないまま7月を迎えそうです。

さすがにもう生まれないだろうなーと思いつつもとりあえず相変わらずベランダでの管理を続けています。中の卵が入っているはずなのに一体どうして孵化をしないのかな。卵があっても無精卵って感じなのか??原因が分からないままでちょっと困ってしまいます。寄生などをされているのが眼に見えて確認を出来るのであればまぁわかるんですけどねぇ。何か原因で孵化前に死んでしまったのか。

予想をしていなかった事態なので困惑しています。

まぁ切り替えていかないと。

そんな我が家ですが実は外カマをお迎えしています。

2020/06/17

よく行く河原にて捕獲しました。

大体4、5齢程度になっている個体です。この子の前に褐色個体を確保していたのですが、こちらの方が大きかったのでこちらにしました。今年はまさかの飛び級ですので餌の確保も格段に楽ですね。

それにしても去年褐色個体になかなか出会えませんでしたから、せっかく見つけた褐色個体もキープしておけばよかったかなとは後々思いましたね。

まぁ人間の子供の方の飼育()も弁当を作ったりコロナの影響だったりで色々手間が増えている感じはあるので今年のカマキリの飼育はこの1匹だけにしたいと思って居ます。

飼育頭数についてはかつては何百匹もを同時管理したりしていた私ですが、今年は1匹。余裕が違います。

そもそも去年も少なめ…といいつつそこそこの数を飼育してしまってたのでやっと念願のとも言えますね。

まぁ現時点ではこうですが、今後もし諦めかけてる卵嚢が孵化をしたら大どんでん返しでしょうけど。

今年の夏もカマキリを始めたくさんの生き物達に出会えたらと思います。

2020/06/29

ちなみに今年初カブトムシを昨日発見しました。

昨日私の住む地域では高温&高湿度だったのでカブトムシ日和って感じがしましたね。それにしても初カブトムシをペアで発見できるとは。しかも良い赤カブでした。

自分で飼育をする事も考えて探しに行ったのですが、どうしよっかな~と考えて一度スルーしてウロウロしていたのですがその後たまたまカブトムシ探しをしている親子が居たのであっちに居るよ~と案内をして差し上げました。

カブトムシやクワガタは改めて土を買ったりしないとな所が私の心の負担となって今年は飼育まで至らない気がしています笑

まぁ飼育するorしないと決めつけず、ゆる~くやっていきたいですねぇ。

今年はどれだけ新しい種類の昆虫と出会えるだろうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。