ラストカマキリ

今年はなかなか寒さが訪れず暖かい日が多かった様に感じる11月でしたがいよいよ冬の気配?と思える本格的な寒さを感じる様になってきました。全国的に見れば北海道などはしっかりたくさん雪が降っている様ですが私が住んで居る関東はやっとここ数日で冬っぽくなった感じなのでまだまだ生き物の気配を感じられます。

道端でもあっちこっちで暖かい日差しがある昼間なんかは昆虫とすれ違います。

11月も終わりなのになんだか妙ではあるんですけど去年の今頃とかどうだったんだろう?ここまで変な感じになると思ってなかったからあまり覚えて居ないけど通常より冬が来るのが遅かったのは確かな気がします。

そのせいもあるのかまだこんなにきれいな個体が

翡翠のようなきれいな緑色の小ぶりなメスのオオカマキリ。この頃にもなれば結構ボロボロでよったよたな個体ばかりの印象なのですがまだこちらの彼女はぴんぴんしているようになりました。なんといっても体がきれいです。

卵嚢を少しお腹に残している状態でしたし捕獲はせずに見送りましたがおそらく今年最後のカマキリになるんじゃないでしょうか。次にオオカマキリに会えるのはまた次の季節となる予感です。

とは言えまだまだこの寒空の下逞しく生き残っているカマキリ達がいるかもしれません。諦めずに捜し歩きたい気持ちです♪寒さに負けずに卵嚢探しもしたいですね。見るだけになってしまいますが見るとなんだか安心するので←

 

おすすめ

2件のフィードバック

  1. より:

    すげえ

  2. カマキリくん より:

    更新が待ち遠しい次第。あけおめのことよろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。