意地でも見つける

大自然の中で目的の昆虫を探し出すのはなかなか至難の業であるのは虫捕りをした事がある人なら誰しもが知っている話かもしれない。

けど自分でもよく見つけたなって状況で大好きな子を見つけ出せる事ってありますよね。それって偶然であり必然なのかな。ってな感じで見つけました。

2021/10/06

お分かりいただけるだろうか…?

2021/10/06

カマキリー!!!!

自分でもちょっと驚くくらいにバシッと見つけました。まぁたまたま上見たら居たって話で何も不思議はないっちゃないんでしょうけどね。こういうのとても嬉しいです。

物言わぬカマキリですがやはり生き物。気配のようなものを感じ取れるなんでしょうか。それにしても結構な高さの木の上に居ました。カマキリが居る目線って大体自分の背よりちょっと下っていう思い込みがあったんですけど案外上の方にも居るもんなんだなーと最近になってやっと気づいた感じです。これから探すとなったら木の上までチェックしていかないとと思うと広範囲過ぎてちょっと大変ですが出来る限り出会いは最大限大切にしていきたいですね。

昨日はちょっと暖かめでしたけど風がやっぱり秋って感じに爽やかですね。そして今日からまたちょっと温度が下がっていくみたい。明日も外で釣りやらなんやらしたかったけど雨も降るみたいだから厳しいだろうか…。夏場の雨はクールダウン出来てむしろちょっとくらいなら歓迎くらなノリだったりもしますけどこれからの季節は寒いのでしんどいですねぇ。けど負けないぞ。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. カマキリ馬鹿 より:

    カマキリは山道とかの手すりには異常にたくさん見られるらしい!と,本に書いてあった。
    本の題名:手すりの虫観察ガイド(著者:とよさきかんじ)
    この本マジで頼りになります!実際,手すりでカマキリ見つけたことがある!

    • haremono より:

      タイミングが良ければそのような事もあるんでしょうね!手すりの本はイベントの時に売り切れていたのでゲットしていないままになっています(^-^;手すりは確かにたくさん生き物と出会えるし握りそうになる事が多々ですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。