卵嚢拾いました

ご無沙汰しております。

世の中コロナでとてもてんやわんやになっていますがカマキリ飼いとしては孵化も近づいていくこの時期ですのでわくわく気分でなんとなくごまかされてしまっています。

孵化が近づくといっても実際はまだまだなのですが、今年は早くも暖かい日も増えていっているので誤って孵化をしていっている卵嚢もありそうですね。

そんな中ふらーっと遠回りをして帰宅していたら卵嚢を見つけてしまいました。

2020/02/15

2020/02/15

なかなか立派な卵嚢ですね。

今年孵化するであろう傷や穴のない貴重な卵嚢です。

2020/02/15

我が家には既に卵嚢がたくさんあるので新しく卵嚢を持って帰る予定はなかったのですが、この卵嚢は工事予定のある敷地の隅っこに捨てられた様に存在していたので念のため持って帰ってしまいました。

工事に巻き込まれたりしてダメになるのはあんまりですからね。

遺伝子的に問題なさそうな範囲の近くの公園にでも孵化後返していけたらと思います。

それにしてもふら~っとなんとなく気がひかれて行ってみたら卵嚢に出会えるとか呼ばれてるのかなと思っちゃいますね。嬉しい偶然です。

近頃の気温上昇が心配なのでこちらの卵嚢もとりあえず冷蔵庫に保管をしてあります。

しかし外がこうも暖かいと自然下の虫たちも早めにみんな孵化をしたり冬眠から目覚めたりするんでしょうか。そうならばそれに合わせて我が家の卵嚢の孵化もずらしていきたいものでもあるのですが…。なかなか調整は難しいですね。とりあえず例年通り5月頃の孵化を目指して少し早めくらいを意識していければと思います。

とにかく今年度も無事にカマキリ達の孵化を迎えていければと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。