啓蟄を過ぎて

冬ごもりをしている昆虫達が目覚め始めると言われている啓蟄を過ぎましたが、カマキリ達のお目覚めの時期はこれとはちょっとズレますね。

啓蟄で目覚めると言われる昆虫はどういった昆虫になるのかな?土の中で冬眠をしている様な子達でしょうか。今年は暖冬だったそうで冬眠をうまく出来ない蛇などが出て来てしまってたりしたと聞きました。

こういった現象がどこまでカマキリに関係してくるのか。我が家の卵嚢は冷蔵庫育ちなので例年とズレはあまり出さずにいきたいと計画的に考えていますが、自然下のカマキリ卵嚢はそうはいかないんでしょうね。

けれど毎年どんな過酷な事態も乗り越えて毎年カマキリ達には会えちゃっているのでそんなにやわなものではないのかもとも思います。

自然の中の生き物って本当すごいですよね。

見習いたいその生命力。

人間たちは今コロナによって生活を脅かされる事態になってしまっていますが…今後落ち着くのはいつになる事やらです。

去年頃から通信教育をやめて子供の勉強を家でみっちりみていたのですが、春にはやはりカマキリ達に夢中になりたいなと思って塾に丸投げした私ですが。なんと塾も休み。

ちょっとこれは困ってしまう…カマキリ計画はこのまま遂行しようと思っているけど淡い期待をしていた飼育の拡大は望めないでしょうね。いやしかしその方が良いと言えば良いのですが。

とにかく早くこの先行きの見えない感じが落ち着いて欲しいもんです。世界が終わってしまうのだろうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。