産卵。そしてもう1匹

2019/10/13 お腹パンパン 産卵前

運命の出会いを果たしたあのカマキリですが、無事に産卵をしました!

2019/10/14 を回ったところ 産卵中 やったぜー!

2019/10/14 を回ったところ 産卵中 がんばっています!!

2019/10/14 を回ったところ 産卵中 いけいけどんどん!

お尻をくねくねぐるぐるして卵嚢の素をかき混ぜるようにして形成していきます。分厚い卵嚢の中に卵を産んでいるのですがいつ見てもとても不思議ですね。こんな事どこで覚えたのかという。

産んだばかりの卵嚢は白っぽい感じでとてもきれいです。これがどんどん硬くなり黄色~茶色っぽくなります。

生みたての卵嚢は恐らく柔らかいのでしょうね。一度触れてみたいとも思うのですが卵嚢を破壊する事になりそうなので触った事はありません。泡の様な見た目なので泡の様に柔らかいのかな。

今回の産卵は夜中に行われましたが過去には日中行われる事もありました。自然下で外敵を避ける事を考えれば基本夜の時間帯が多いのかもしれないですね。過去数回を考えても脱皮&産卵=夕方以降が多い感はありました。

自然の中でずっと暮らしている個体に比べて飼育下に置いた個体は多少時間の感覚がズレると言うのはどうしても出て来てしまう気がします。

2019/10/14  朝 まだまだ卵嚢は白っぽい

2019/10/14 でかーい

2019/10/14

なかなか立派な卵嚢でございます。こちらはとりあえず今のところはケースごと冷蔵庫での保存をしていきたいと思っています。いきなり冷蔵庫もあれなので1カ月程度は室内で普通に同居しますけどね。

1カ月程度で卵嚢の中のカマキリの赤ちゃんは育って孵化をしていける状態になっていくと言うのを聞くので油断しないようにいきたいと思います。

そして

2019/10/14

2019/10/14

2019/10/14

2019/10/14

2019/10/14

寒そうな子が居たので連れて来てしまいました。

うっかり。

いや…けど産後だから大丈夫?

報告までに。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。