カマ以外【バッタ編】

カマキリ以外の生き物たち【バッタ編】

私が一番捕獲をする回数が多いのはこちらのバッタ系の昆虫になります。

なんといってもカマキリの餌になってもらう子も多数。いつも感謝をしています。

けど餌として捕獲をしていってもタイミングがずれたりしてカマキリの大きさと見合わない大きさになってしまったバッタなんかは暫く飼育をしていたりもします。長く育てているとどうしても愛着がわいてしまうので餌として捕獲をしてきてもそのまま成長を見守る事も多々。どうしたって子供がかわいがってしまったりなんかしてると餌にしにくくなりますからね…。

※トノサマバッタ

褐色個体メス2018.06.14

褐色個体オス2018.06.14

緑色個体オス2018.06.14

緑色メスと緑色オスの交尾2018.06.14

結構長い事交尾をしていました。メスがとても大型でオスがかなり小さ目に見えますね。

2018.06.17

こちらは褐色個体同士のカップル。見つけた時点で地面でこの状態だったのでカップをかぶせて捕獲をしました。

カマキリは共食いがあるので交尾がなかなか踏み込めない領域ですがバッタは比較的お手軽に交尾を出来ます。むしろオスメス両方入れておくと気づいたら卵産んでたりします(笑)

カマキリにのめり込む前に長く飼育した個体がトノサマバッタとツチイナゴでした。どちらも羽化前からの飼育だったのでかわいがっていたのですがトノサマバッタはとてもおとなしくなんだかなついてる様な錯覚さえ起こしてしまいそうなくらいにかわいかったのに比べてツチイナゴはケースの掃除をしようとするたび蓋の内側でスタンバって逃げようとしてるのでなんてかわいくないんだろうと思っていました(笑)ツチイナゴとの性格の合わなさもあいまってよりトノサマバッタへの愛は深まってしまいましたね。

ただ当時飼育をしていたオスらしきトノがたまたまおとなしかっただけのようで…2018年度捕獲をしたトノサマはどの子もかなり暴れる子でしたw暴れると言うかトノサマはやはりキック力がとても強いので一度の蹴りでもかなりの衝撃がありましたね。一度捕獲をしてしまえばトノサマもイナゴもまぁおとなしいものなのですが。

※トノサマバッタ、ではなくクルマバッタモドキでした!なバッタ

バッタの種類たくさんあってトノサマくらいしか分からないからこれトノじゃなくて間違えてるかも~と前置きをしておいて良かったと思いますw

2017.8.24北海道にて こちらは羽化前辺りの幼齢  お墓参りしてたら近くにいました

こちらのバッタはトノサマバッタではなくクルマバッタモドキの幼齢らしいです。まぁしかしバッタがよーく比べないとなかなか同定が難しかったりするのでまた違ったりしたらすいませんがw

とてもおとなしく子供につかまりその後も近くをぴょんぴょんして逃げようとしないので亡くなったおじさんの生まれ変わりかと思うくらいでした(笑)雨天でしたが結構他にもバッタがいましたね。雨宿りしないのかな?

掴んでなくても逃げない かわいい

色もいいですね。肩乗りとか最高です。

顔もかわいらしいですね。幼齢の時は特にそうでしょう。なんでも子供の頃はかわいい!人間しかりですね!ポ〇モンの進化を思い出しますw




トノサマバッタ、クルマバッタ、クルマバッタモドキはそこそこよく似ているようで。慣れている人でも見分けが難しそうです。私が実際に捕まえたバッタは大体がクルマバッタモドキやヒナバッタ、トノサマバッタが多いようです。クルマバッタに関しては前々からなかなかいないと聞いていたのですが本当に見つからないですね。そんなに探してるわけでもないのですが(笑)一度は出会ってみたいですよねちょっと珍しい種類って。

2016.8.21茨城にて撮影

分からないけどこれもトノサマかな?と思ったのですがこちらも多分モドキさんです。ただモドキさんは緑色での成虫は少ないみたいなんでちょっとレア感はあったかもしれないですね。ここまで色のコントラストがあるととてもきれいです。

私はトノを飼育したのがきっかけで昆虫にはまったと言っても過言ではないのでトノは好きでしたがそれ以外のバッタはそこまで興味なかったのですが。ここまで種類が豊富だと思わず同定したくなりますね。

2018.06.04

2018.06.04

こちらはトノサマバッタの幼齢ととても良く似ているのですが羽化した結果クルマバッタモドキであると判明しました。羽化後はこんな感じです。

2018.06.17

2018.06.17

うーん…違うっちゃ違う気もするのですがまだまだトノサマにも見えてしまう私がいましたw

って事でそっくりによく似たトノサマバッタとクルマバッタモドキを完全に並べて比較

2018.06.18

左がクルマバッタモドキで右がトノサマバッタ

上がクルマバッタモドキで下がトノ

左がトノサマバッタで右がクルマバッタモドキ

一番違うなと思ったのは顔でしょうか。それにしてもこれは…私見分け方覚えられないかもw

まぁ一番見分けやすい違いは大きさなのかもしれません。この比較画像の子達もそうなのですがトノサマバッタはオスで、クルマバッタはメスの様子でした。バッタのオスは通常小型ですがクルマバッタモドキはメスでもトノサマバッタのオスくらいのサイズしかないって感じでしょうかね。

※謎バッタ(多分ヒナバッタ?)

上のトノサマと同じ日に同じ場所にいたバッタです。この系統の茶色いバッタって昔より増えた気がするの気のせいだろうか。どちらかと言うとイナゴっぽい。こちらも幼齢の模様。どうでもいいけど子供の爪が伸びているのが気になりますね。

バッタは羽化をするとかなりの距離を飛ぶようになるのでなかなか捕まえにくくなるし手に入れたいのなら幼齢の頃にゲットしておくといいですね。飼育をするとなっても羽化を見守った方が楽しいし。

この脚が赤いのとかめちゃくちゃ外来っぽいけどどうなんだろうか。ちょっと苦手タイプかもしれない。かなり暴れるし性格はイナゴタイプ。餌向きじゃない気はする。トノサマも脚赤いけどそこは別として()

いくら苦手タイプとは言えこの持ち方はないですね。子供ですけど。バッタを捕獲する時は脚が取れる可能性があるので脚は持たずに胴を持ちましょう。他の昆虫でもそうですけどバッタは自決率が高い気がします。

こちらはスタンダードなイナゴって感じのイナゴですね。色がそんな感じです。昔田園地帯に住んでいたんですけどとてつもない数のイナゴがいましたね。佃煮にする地方だったので元々地元ではない私はトラウマですが休み時間に学校で回ってきたのを思い出します(笑)

名前についてはよくわからないけどフキバッタにも似てますね。けど違うかも。まぁこういうのは我が家では全部「イナゴ」として納得しています。実はいろんな名前ついた種がたくさんいるんでしょうね。

※ヒシバッタ?(多分)

子供の持ち方があれでよくわからないですけど子供の指先でもこんな隠れてしまうくらいに小さなバッタです。1cmないかも。よく捕まえたなって感じです。さすが私の子。

ヒシバッタかな~と思うものでも似たようなのがたくさんいて名前は実際違ったりしますけど我が家ではこの手のすごく小さくてひし形のは全部ヒシバッタとして把握しています(雑)






※ショウリョウバッタ

2017.8.20 緑色個体 筋有 メス成虫

ショウリョウバッタはとてもおとなしいバッタだしよくいるのでカマキリの餌にする率が高いのですが実は好きなバッタのひとつだったりもします。特にこの筋模様がついた成虫はとてもきれいで大好き。こちらは屋外で捕獲したもの。

とても美脚ですね。

こちらは違うバッタかもしれないですが同じ日同じ場所で捕獲したショウリョウバッタメスです。このひょうきんな三角の顔がにくめないですね。

2017.8.18 こちらは褐色個体のメス

2017.8.18 こちらは緑色同士のオスメスつがい

交尾準備態勢になってましたがケースの掃除をどうしてもしたかったのでよけてもらいました。邪魔をしました。

そして元々カマキリの餌用に飼育をしていたのであまりバッタについて考えずに飼育を続けていたら大変な事に…

2016.10.1

2016.10.2

なんとケースの中に卵を産んでいました。土の中に本来は産むものなのに土を入れないでおいたのでこんな事に…湿った土の中ではなくケースの壁に生まれた卵。上の写真の方は空気に晒されてすっかり乾いてしまっていました。ちなみに瑞々しいと下の写真の様にきれいな黄色をしています。

大変申し訳ない事をしてしまいました。とりあえずこの後土に埋めておきました。無事に孵化しているといいんですけどね。

2017.7.10 わかりにくいですが羽化前の齢のメスのショウリョウバッタです。もっとちゃんと写真撮っておけばよかった…。

2016.9.2

バッタあるあるですがそんなところにいると踏まれるよ状態のショウリョウバッタ

2017.8.20 こちらはオスのショウリョウバッタの成虫 緑色個体です。

メスに比べるととても小さいのでどうしても捕獲の際にはモブキャラ的な扱いになりがちです。かなり細いボディです。

こちらもオス。

これはメスかな?手のひらに収まらないサイズはメスでしょうね。

※オンブバッタ

2017.8.20 緑色個体 メス 4cmくらいですが成虫です

オンブバッタはショウリョウバッタよりも分かりやすく言うとデブです。

説明っぽく言うと身が太いって感じです。きれいな緑色個体しか見た事ないけど褐色個体はいないのかな?太っているせいかショウリョウバッタに輪をかけたレベルにとろいです。跳ねる時は早いんですけどね。反射神経がないって言うか。草むらでひたすらじーっとしてるのをよく見かけます。捕まえられる!と気づいてからは本当瞬足なんですけど普段はのんびり屋って感じです。身が太い分カマキリにはごちそうですがショウリョウバッタよりも見つけにくい感じもします。草に同化して全然動かないしショウリョウバッタが脚を立てた姿勢が基本なのに対してこちらは脚を畳みこんでいるのでその分バッタっぽさがない感じがします。まぁ見つけにくい見つけやすいは相性もあるんでしょうけど。

ちなみに写真が見当たりませんが初齢頃のオンブバッタは本気のミクロサイズです。1cmないんじゃないでしょうか。捕まえるのは小さい分大変。と言うか見つけるのが大変です。

こちらはオスメスつがいかな?それとも幼齢と成虫だろうか?そういえばオンブバッタのオスって未確認かもしれない。

※赤ちゃんバッタ

2018.04.15

のびる採りをしていたら小さな赤ちゃんバッタを見つけました。イナゴの類でしょうか。

※キリギリス系

2018.05.31

とてもきれいな緑色個体。褐色個体も見かけました。

捕獲風景。噛まれました。

キリギリス系はちょっと獰猛だしカマキリのサイズにまだ合わないのでさよならしました

蝉、とんぼ編へ

カマキリ以外の生き物たちの項目へ戻る

トップページに戻る