カマ以外【テントウムシ編】

【カマキリ以外の生き物:テントウムシ編】

★テントウムシ

※ナミテントウ

仲良し二つ星

はっきりとした二つ星

こちらは黒ボディが強め?

黒いボディに赤星2つタイプです。星の数が違うテントウムシもナミテントウと同じ様に呼ぶものがいるそうです。厳密に学名などを調べたら色々いるんでしょうけど通称で大体私は把握しています。

こちらは4星っぽいですね

こちらはきれいな四つ星☆

こちらは複数星タイプ。私は昔から「ブツブツ」って呼んでいてあまり好きではありません(笑)あ!テントウムシだ!とはなるけれど模様が細かいのは子供の頃は見かけなかったし慣れてないので最初ビックリしましたね。まぁこうして無駄に写真を撮っているわけだから嫌いではないんですけど(笑)

こちらは河原で群生しているテントウムシたち

写真が分かりにくいですが赤一色に近い個体もいました

これだけいると全然かわいくないですねw





※ナナホシテントウ

一番メジャーなテントウムシですね。ナミテントウがたくさんいるのに比べてナナホシテントウをなかなか見かけなくなった気がするのは気のせいでしょうか。私はやはりこれがかわいいなと思います。赤いボディに黒星7つ。幸せの象徴として様々なお祝いのモチーフなんかにも登場します。しかし新潟のゲレンデのトイレでナナホシテントウとナミテントウメインの集団越冬のテントウムシ地獄を見た時はさすがにかわいいと思えませんでしたが(笑)

昆虫を苦手な人ってたくさんいるのが何よりの恐怖だと思います。だって昆虫慣れしてる私でさえきついですから。

2018/04/14  こちらは星の乱れがありますね。生まれつきの柄なのかそれとも何か負傷したのか?動物も同じ様に見えて微妙に模様が違ったりしますから大した事ではないのかもしれないですが気になります。羽化不全の影響とか?

こちらはよく見ると中央の星がハート型に見えます。テントウムシは幸せのシンボルとしても有名だと思うのですがこういった個体を見つけると幸せ倍増しそうですね。

こちらは子供が連れて帰って来たのでプラカップにて一時保護中の時の写真です。

テントウムシは餌がアブラムシで毎日とんでもない量のアブラムシを食べる為餌の確保が大変で案外飼育向きではない様に思われますが身近な昆虫で手に入れやすいので一時的に観察をする分にはいいと思います。なんといってもかわいいですしね。

かわいいビジュアルとは打って変わってカマキリの餌としては不向きな獰猛さがあります。小さいからと言って幼齢のカマキリの餌にしようものならカマキリが逆に食べられてしまう可能性さえあるそうです。テントウムシの成虫に限らず幼虫も同じく獰猛みたいなんでそこは気を付けましょう。

2018.10.24 近所で

※キイロテントウ

画像行方不明中(撮ったのに)ですがとても小さな黄色のテントウムシです。

 

※幼虫

テントウムシの幼虫ってこの種類しか見た事ないけど他にもいるのかな?

※蛹

2枚の写真を比較すると色合いにかなりの差が…上は黒の割合が広くて下のはオレンジ色が強く出ていますね。成長過程のせいなのかそれとも種類の違いなのか?




カマ以外続き→【甲虫編】へ

カマキリ以外の生き物たちの項目へ戻る

トップページに戻る