2018年度もついに誕生!!

ちょっと予定より早いですが16日の月曜日にオオカマキリの卵嚢がひとつ孵化しました。

夜の20時頃に子供が孵化に気づきました。なんと孵化をしていたのはバッチリ孵化に備えて特別ケースに入れていた卵嚢ではなくボロッボロだからどうでもいい扱いをしてしまっていた卵嚢からでした。

油断禁物ですね。

とりあえず16日の時点で147匹の孵化を確認。しかし何匹か脱走をしてしまった様で次の日17日に子供が6匹捕獲、私も1匹捕獲。そして1匹孵化不全で脚を失ってしまった個体が1匹死去。

18日の今日も2匹程脱走者を捕まえました。そして2匹お亡くなりになってしまってました。

参考までに与えた物は

16日→水分(一部ヨーグルト

17日→水分(一部ヨーグルト、一部アブラムシ

18日→一部水分(全員アブラムシ

でした。

餌のトリニドショウジョウバエが定休日で届かずちょっと不安なスタートです。

明日届くのでなんとかみんなアブラムシで耐えてくれよ。

ちなみに孵化した卵嚢はこちら。

冬場に子供が枝ごと落っこちてるのを拾ったやつです。まさかこんなボロッボロが…

この件で誕生する卵嚢の見分け方がますます分からなくなりましたw

まだまだカマキリ博士には程遠いぜ

 

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 小崎 真司 より:

    はじめまして。産卵を控えたペコというカマキリを飼育しています。うまく枝などに産卵させるいい方法を探していて、こちらに辿りつきました。内容が濃くて大変楽しく読ませていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。